湖畔でピクニック

2018年07月02日

【アサクリ】いろとりどり

1.jpg
神々とともに 

+++

2.jpg
ソベク神(わに)をまつっている地域ではこんなふうに
水に浸かっている神殿がいくつかありました・・・(´▽`)
お参りやお祈りも大変そうw

こんばんは\(*‘ω‘ *)/メジャイです
オリジンズは暗殺者教団の信条や教義が出来る過程の話。
つまり主人公バエクはいまのところアサシンではありません

そう、アサシンではないんですが
12.jpg
このアイコンが出ると押したくなるの
特に、メンフィスの神殿なんかの「敵ではない警備兵」とか
手を出さなければ無害なのについやってしまいたくなる

許されぬことなどない・・・か・・・(意味深)

+++

8.jpg
ある漁村でのひとコマ。
カノポス州〜ヘラクレイオンはほぼ川なので移動が大変だけど
砂漠の村とはまた違った良さがある気がします(*´﹃`*)

物語が進むにつれ街から街へ移動し、景色も移り変わります
9.jpg
これは小麦でしょうか?水を送る溝もありますね。
当時のエジプトではパンとビールが主食だったようなので
小麦の生産は無くてはならないものだったのでしょう

ところで
4.jpg
ナイル周辺めちゃくちゃ雲行き怪しいのなんで!?
絶対なにか良くないことが起きるんだと踏んでいましたが
何もありませんでした・・・川が近くて雨が降りやすいのかなw

+++

オリジンズでは船を民から借りパクできます
ただ持ち主を落としはしないので、下船して別のことをしていると本来のルートへ戻って行くのですが
5.jpg
稀に戻ってきても待っていてくれます
めっちゃうなだれてる・・・かなり放置したよな・・・ごめんな・・・

ところかわってニトリア
13.jpg
ミイラの乾燥に使われるナトロンの産地らしいです。
ちなみにミイラ以外にも消毒や石鹸、防腐剤なんでもござれ
まさに古代エジプトを支えた万能アイテムですねw

この街でクエストをくれる女性がネフェルタリという名前なんですけど、オジマンディアスの妻と同じ名前ですよね。容姿も他のNPCより丁寧に作られてた気がするし、ラムセス2世の遠い子孫だったりするのかな

こちらは染料でしょうか、海沿いの村
14.jpg
当時から布を染色する技術はあったけど、古代エジプトでは
白が神聖な色とされたためあまり染めずに着ていたようです

なんだか想像よりカラフルですね、古代エジプト(*´︶`*)

+++

3.jpg
凧のようなものが上がっている町がありました
あれはどういう用途があるんだろう?
ピラミッドの石を凧で持ち上げた説もあるらしいですね


6.jpg
直立する盾

そして
7.jpg
直立する商人
最新型アニムスも不具合が(ry


10.jpg
不思議コードかFF15コラボか今度はなんだ(トラウマ)

11.jpg
いやあああああああごめんなさいいいいいいいいいいい
モンハンやったけど巨大な敵への恐怖は全然克服できない

+++

キレナイカへ向かう途中。あれはもしや水道橋!?
15.jpg
キュレネ周辺はローマとの外交が盛んなのでしょうか
クロコディロポリスで「キュレネ闘技場」と聞いた気がするし
結構ローマに近い街づくりがされているのかな〜


わたし、メジャイ!市民を守るために今日も大忙し!
さあパワハラされている神官を助けるよ〜〜〜
16.jpg

あれ?クエすすまへんな・・・

17.jpg
あっ

18.jpg
違う死体せおってた・・・(´・ω・`)
posted by るしこ at 00:26| Comment(0) |  └オリジンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


"FinalFantasyXIV"
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
"DragonQuestXI"
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)SUGIYAMA KOBO
"Granado Espada"
(C)2003-2011 IMC Games Co., Ltd.Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.All Rights Reserved.
"The Tower of AION"
(C) 2010 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish,distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.

当ブログ内のゲーム画像の著作権は各ゲーム会社に、イラストの著作権はるしこに帰属します。
ブログ内の文章、画像等を許可無く転載することは著作権法により禁じられています。
(c)2008-2017 湖畔でピクニック ALL Rights Reserved.