湖畔でピクニック

2018年06月22日

【アサクリ】街で一番の護衛

1.jpg
おてんば娘に弱いバエク 

+++

アレクサンドリアで一番好きなサイドクエスト「最後の護衛」
お金持ちの家で育ったワガママな女の子を守るクエスト

最初はツンケンしていたカーラお嬢様も
従順すぎず、突き放さず、盗賊から愛馬ペガサスを取り戻し
なおかつ自分の我侭を聞いてくれたバエクをいたく気に入って
わたしの専属護衛になりなさいと誘ってきます
4.jpg
Noと言えない子供好きエジプト人

5.jpg
このおじちゃん完全にしてやられている
とにかくバエクとカーラのやり取りがかわいいクエストですw

6.jpg
結局コレいらんのんかい!と思ったのはわたしだけではないはず・・・

こんにちは\(*‘ω‘ *)/メジャイです
亜麻の袋を抱えてしばらく右往左往してしまいましたが
カーラちゃんやギザからメンフィスへ向かったお犬様一行など
また会いたいなと思えるNPCが多いオリジンズ(´▽`)


というわけで今回の舞台も広大なアレクサンドリア
8.jpg
いつものセヌの高度では全景が写りきりませんでした・・・

どこまで上がれるのかな〜とドキドキしながら飛んでみると
2.jpg
セヌすごい こんな高さまで飛べるんだw

3.jpg
位置関係は大体こんなかんじです。史実とは少し違うかも
中央の大きい道がカノポス通りですね

みんな大好き娼館もあります。
10.jpg
アサクリシリーズと切っても切れない縁の娼婦さんたち・・・

いうて古代の性は現代ほど禁制視されたものではないです。
当時のエジプトはローマほど女性蔑視も無かったようだし
娼館の女性達もたくましく生きていたのでしょう(´ω`)

11.jpg
こんな据えた目で女が抱けるか
こちとら復讐道中ですからね!めっちゃ観光してるけど!!

+++

7.jpg
アレクサンドリアのきらびやかな市街地の少し外側には
昔ながらのエジプト人地区とユダヤ人地区があります。
わたしはなんだかこっちのほうが落ち着く感じがします・・w

優美な巨大建築のなかでもやはり圧巻なのがこちら
++.jpg
前回は内部のSSを載せました、大図書館ですね
そのまま壁を登ったり中を探検してもいいのだけど

+.jpg
ディスカバリーモードでさらに詳しく学ぶことが出来ます
これまじPCに持ってきて常時起動しておきたいw
ちなみにプレイ中、著名な偉人が数名NPCとして出てきますが
無学なわたしは「似た名前多すぎィ!」と悲鳴を上げました


13.jpg
それから円形劇場。抑圧にも負けず、詩人がたくさん居ます
かつてエツィオだったことがある人には複雑な場所かもしれません

ここはディスカバリーモードで来ると
14.jpg
なんとNPCの演劇を見ることができます╰(*´︶`*)╯
ちゃんと物語に沿って動いていて

15.jpg
一連の動作が終わるとお辞儀をして帰っていきますwこまけぇ

16.jpg
ついたての裏が準備スペースで、小道具などがあります
しばらくするとお面をつけて出て行きました(´▽`)ガンバレー


9.jpg
ファロス島までは豪勢な橋がかかっています
奥に灯台が見えますね。本当にこんなに巨大だったのかなあ
図書館も灯台も現存しないので、想像するしかないですね

12.jpg
神殿は大理石?かなりしっかりした造りになっていて
天井の裏側まで装飾が施されていました(*´∀`)

やはり神様を祀る場所だからなのでしょうか、
日本の寺社仏閣もそうだけど上部にすごい手が込んでる!
キリスト教の教会なんかも天井に絵が描いてありますよね

こちらは王宮。
17.jpg
専用の港があり、絢爛豪華な船が停泊していました(`・ω・)
アレクサンドリアはプトレマイオス朝の首都ですので
きっとファラオが住んでいるのでしょう(まだ入れなかった)

高警戒地域もスイスイ空撮できる。そう、セヌならね!

+++

18.jpg
そういえばアレクサンドリアの出入り口にはライオンの像
王様ってやっぱりライオンが好きなんでしょうか(Fate脳)

なお馬車レースの盛んなヒッポドロームの入り口は
19.jpg
ちゃんと馬の像が建っていましたw
posted by るしこ at 10:46| Comment(0) |  └オリジンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


"FinalFantasyXIV"
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
"DragonQuestXI"
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)SUGIYAMA KOBO
"Granado Espada"
(C)2003-2011 IMC Games Co., Ltd.Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.All Rights Reserved.
"The Tower of AION"
(C) 2010 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish,distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.

当ブログ内のゲーム画像の著作権は各ゲーム会社に、イラストの著作権はるしこに帰属します。
ブログ内の文章、画像等を許可無く転載することは著作権法により禁じられています。
(c)2008-2017 湖畔でピクニック ALL Rights Reserved.