湖畔でピクニック

2018年06月18日

【アサクリ】大都市を旅する

1.jpg
アレクサンドリア回 

+++

2.jpg
人違いですうううううう!!!!!

こんにちは\(*´﹃`*)/メジャイです

17.jpg
当時からかなりの大都市であるアレクサンドリア
ゲームとはいえ観光しようとするとリアル一日がかりだ!w
こちらは世界七不思議のひとつ、ファロスの灯台から。
この時代にこんなものをどうやって建てたんだろう・・・

15.jpg
そして、広い場所を眺めるならやはり鳥瞰ですね(’◇’)
セヌいつもありがとう

9.jpg
時のファラオ・プトレマイオスの家系はギリシア由来。
ギリシャやローマの文化も取り入れられているようで
建築にもそれらしき様式が見受けられ、浴場もあります

14.jpg
大図書館は既に焼失してしまっているので
ゲーム内では別の建物を参考に復元したそう(´ω`)


6.jpg
無事に会えた奥さんのアヤと密な夜を過ごしました
再会した瞬間の\バエク!!/が凄く微笑ましかったw

+++

18.jpg
NPCとの会話クエスト中でも撮影モードに入れるみたい
普段はバエク単体だからなんか新鮮ですね


・・・ャーン・・・ニャーン・・・・・・
3.jpg
ハッ!?

4.jpg
今回のアサクリではじっとしていると猫が寄ってきます
なんだこれ・・・天国かな・・・・

確認した限り他の動物にはインタラクトできないんだけど
しゃがむと猫は撫でられますwさすがエジプトですね

まあ、じっとしゃがんでるときって
5.jpg
大抵は猫撫でてる場合じゃないんだけど

+++

最近やたらと屋台とか露店をチェックしている気がする
7.jpg
アサクリでもお店チェックは旅の醍醐味ですね!
これはトルコ石かな 染料や宝石になるのかもしれない

8.jpg
大通りに面した店でアクセサリーに加工していました
さすが大きな都市、工芸も盛んみたいですね

13.jpg
こちらはヤムのセクメト神殿近くのマーケット(たぶん)
神聖な動物たちの像が売られていました(灬╹ω╹灬)
布や香辛料と並んでお祈りの品も重要だったみたい。

バエクさんもお買い物したいところですが
16.jpg
今回の装備はアップグレード形式。
敵から強奪したありがたく頂戴した素材などで
右のメモリいっぱいまで強化することが出来ます

同じように武器もアップグレードするんだけど
こっちは素材ではなくお金を使って商店で上げるので
当然、結構お金がかかるのであった(ヽ'ω`)

t2.jpg
都合よく気に入った武器がドロップすれば良いんだけど
序盤はヒィコラ、メジャイもなかなか生活が大変です・・・

t1.jpg
ちなみに今作、ネトゲみたいにステータスが振れました!
弓が楽しいからまずはハンターかなあ〜╰(*´︶`*)╯

+++

10.jpg
郊外にたまにあるこの塔はなんなんだろう
サイロ・・・?

11.jpg
あっ・・・?

12.jpg
ハトのおうちだったのかwwwwww
おしりがかわいい
posted by るしこ at 13:36| Comment(0) |  └オリジンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


"FinalFantasyXIV"
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
"DragonQuestXI"
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)SUGIYAMA KOBO
"Granado Espada"
(C)2003-2011 IMC Games Co., Ltd.Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.All Rights Reserved.
"The Tower of AION"
(C) 2010 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish,distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.

当ブログ内のゲーム画像の著作権は各ゲーム会社に、イラストの著作権はるしこに帰属します。
ブログ内の文章、画像等を許可無く転載することは著作権法により禁じられています。
(c)2008-2017 湖畔でピクニック ALL Rights Reserved.