湖畔でピクニック

2018年01月12日

【DQ11】新たな旅立ちへ

1.jpg
ドゥルダ郷〜ユグノア城〜グロッタ 

+++

※ネタバレあります。命の大樹→世界の異変後

2.jpg
ぎぎぎぎぎぎぎ

3.jpg
ああああああああ倒せたああああああ

こんばんは\(*´﹃`*)/勇者です
いま自分の進行度的にはクリア後なのですが
冗談抜きでここが一番苦戦しましたね!!!
レベルがたぶん少し適正に足りてなかったのと
今までマルティナに頼りすぎてたのが敗因なんですけど
いやだってみんな格闘お姉ちゃん好きやん???好きよな???

+++

7.jpg
ドゥーランダ山にある僧侶の町、ドゥルダ郷
聖地ラムダと同じくこちらも勇者ゆかりの地だそうです。
勇者というよりはユグノアの王子の、でしょうか?

8.jpg
ユグノア国の王子は、一定の年になるとドゥルダ郷の大師のもとで特訓を受けるらしいですね
そこで認められてこそ一人前の王!みたいな・・・?

9.jpg
大師の宮殿内は中国っぽい雰囲気ですね(´▽`)
ロウさまの太極拳のような戦い方はここ仕込みだったのか

6.jpg
今回飾り扉が多くてたまにドアと気付かず素通りしますw
木製の装飾に色がつけてある感じですね

大師の宮殿の床や階段に飾られてた布と同じ色彩かな?
緑、赤、黄色にそれぞれ意味がありそう・・・(´з`)

10.jpg
位置は低いけど神棚のような何かがありました
お祈りが習慣的に行われているのかな

そういえば
12.jpg
この小物が何か分からなくて気になりました。
竹のような細い筒と・・・羽・・・?何に使うんだろう

11.jpg
そしてまた大根を見つける勇者
ロトゼタシア全域で収穫できる野菜なんでしょうかw

+++

ドゥルダ郷でロウ様と合流し、3人パーティでユグノア城へ
14.jpg
ダクソだったら絶対ネズミ出てくる

そこでまさかの
15.jpg
幽体離脱(?)で過去のユグノア城へ飛ばされる勇者るしお
えーーーこんな・・・こんなんすっごい探検してしまう!!

17.jpg
メダル女学園と似たつくりですがこちらは天井が無かったので
雨が降ったらビシャビシャだとおもいますw

19.jpg
一階部分には巨大な水のオブジェ。

20.jpg
床を水路が通っているというお洒落な構造になっています
ヨーロッパの邸宅にありそうですね

18.jpg
玉座の間も荘厳な雰囲気です(*ノωノ)
すごく栄えていた王国だったんだろうなあ・・・

16.jpg
ロウ様のお部屋は一面本棚!
といっても彼は王位を譲ってからはしょっちゅう城下でお忍び飲み歩きをしていたらしいので、ここにはあまり居なかったのかなw


21.jpg
見てくださいこの床!!!!!
3日に1回くらいワックスかけてるのかな・・・

しかしネトゲ慣れてるとこの主人公の体が薄く光ってるの
カーソル乗せっぱなしか?って気になってしまうw

+++

26.jpg
これで騎乗モンスターコンプしました╰(*´︶`*)╯
いつもの馬チャンよりごつくて体当たりで敵が死にそう

23.jpg
勇者思うんだけど・・・あれでかくなってない・・・?
ルーラ用にそろっと寄ったダーハルーネで聞いたんですけど
あれ勇者の星らしいですね。え・・・なんで・・・?

24.jpg
大丈夫、まだ慌てる時間じゃない

25.jpg
嘘いますぐ逃げて

+++

4.jpg
それは連れて行かれるフラグやぞ!!

5.jpg
マルティナちゃんを取り返し、グロッタの町再び。
よく見ると結構上のほうまで家?っぽいのあるんですねw

13.jpg
どうせ回収されると分かっていても当たると続けちゃう
たしか6万枚ちかく集めましたね・・・くそおーwww

次回、失われた仲間を取り戻す旅・後半です
posted by るしこ at 02:40| Comment(0) |  └DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


"FinalFantasyXIV"
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
"DragonQuestXI"
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)SUGIYAMA KOBO
"Granado Espada"
(C)2003-2011 IMC Games Co., Ltd.Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.All Rights Reserved.
"The Tower of AION"
(C) 2010 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish,distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.

当ブログ内のゲーム画像の著作権は各ゲーム会社に、イラストの著作権はるしこに帰属します。
ブログ内の文章、画像等を許可無く転載することは著作権法により禁じられています。
(c)2008-2017 湖畔でピクニック ALL Rights Reserved.