湖畔でピクニック

2018年01月10日

【DQ11】歩き続けて

1.jpg
クレイモラン〜聖地ラムダ〜最後の砦・デルカダール城
ネタバレありますのでご注意ください。 

+++

6.jpg
一枚くらいくすねてもバレへんのちゃう・・・?

こんばんは\( ´◔‿ゝ◔`)/勇者です
RPGによくある金貨の山を見るといつも思いますw
世界救うんだからもっと融資してくれて良いんじゃない!?
なんで他人の家のツボ割って薬草買ってるんだ

7.jpg
金のシーサー御利益ありそうwww

そういえば
8.jpg
メダ女へは是非夜も行ってほしい。
ネグリジェ姿が拝める。最高だぞ。

+++

2.jpg
えっ嘘ああああああああああ音楽あああああああああああああ
↑ラムダに着いた瞬間の実際の台詞

これDQ8のサヴェッラ大聖堂の音楽ですよね・・・
8で一番好きなBGMと言っていい いや全部好きだけど

当時ウォークマン(CDを直接入れて回しながら聴くやつ)を
コートのポケットに入れて通学してたのを思い出しましたw
8のサントラは擦り切れる(切れない)まで聴いたわ!!

たぶんダーハルーネとかでかかる町の音楽も8のですよね
がっつり自力でやったの8だけなので分かりませんが
今回は結構過去作のBGMをちりばめてあるのかな(´▽`)


3.jpg
聖地ラムダは命の大樹に一番近い街。
ベロニカとセーニャの故郷・そして勇者ゆかりの地。
白い石造りの家と緑が多いのが印象的ですね

広場から上空を見上げると巨大な女神像。
ゴルドを思い出す・・・

11.jpg
見てくださいこの床!!!
ツルッツルでしょ!?反射がね、反射がすごい!!

PS4綺麗すぎて急にジャパネットになっちゃう

+++

4.jpg
BON☆SAI 2度見しました。この世界にも盆栽あるんだ・・・

9.jpg
ここの装飾扉も特徴的ですよね
金細工にトルコ石みたいなものが埋め込まれています

そんな聖地ラムダの台所事情
12.jpg
山奥にあるからか、保存のきくものが多いように思います
あとはやっぱ薬草とかが多いのかな(´з`)

10.jpg
悪魔だの何だの言われ続けてきただけにウルっとくる一言
ラムダの人はあたたかい・・・

13.jpg
いやでもさすがに店員の目の前で物とるのはどうなの

14.jpg
ほらもうめっちゃ見てるじゃん!!!
違うんです!!世界救うから許して!!!

+++

15.jpg
聖地ラムダを抜け、ゼーランダ山を登れば
長かった命の大樹を目指す旅ももうゴール間近です。

16.jpg
もう普通に龍とか飛んでるこわすぎ

17.jpg
今作も綱渡り中に放っておくとよろけるんですねw
よく渡ろうと思うなこんなとこ

18.jpg
始祖の森はとても幻想的なところでした
下のほうはまだ魔物が居るんですね

19.jpg
頭がスライムみたいwwかわいい

それから
20.jpg

21.jpg
ついに命の大樹の中心へ・・・

名称未設定 1.png

まあただで終わるとは思ってなかったけれども!!

ストーリー核心部分なのでSS等は無いです
DQの主人公は代々台詞も無ければ感情も表に出さない感じでしたが、今作は喜怒哀楽が比較的わかるというか・・・それゆえ感情移入してしまってだめですね;;
年取って涙もろくなっただけという説もある

+++

暗雲立ち込めてしまった世界を一人ぼっちで歩きます。

22.jpg
まさかこんな風に戻ってくることになるとは思わなかった
イシの村 改め 最後の砦。
なんとグレイグ様の計らいで村民みな生きておりました

皆が無事で嬉しいけど、再会を喜んでばかりも居られません

23.jpg
しびれる格好良さ・・・!生きていてくださいよ王様!!
彼に故郷を託し、魔物が溢れてくるというデルカダール城へ

ここからグレイグ将軍と2人パーティです。
25.jpg
”双頭の鷲”でしたっけ
デルカダール王国を守る将軍グレイグとホメロス
ホメロスもどこかで改心してくれるのか、あるいは・・・

24.jpg
おいしそうな大根ですね(´・ω・`)
異変が起きるその瞬間まで人々が生活していたのでしょう

無事にデルカダール城で一つ目のオーブを取り返し
グレイグ将軍と共に他の仲間を探す旅へ出ます。
散り散りになってしまった仲間達、みんな無事だろうか

26.jpg
うわなんだあれ(ヽ'ω`)旧FF14かよ

+++

+.jpg


++.jpg
posted by るしこ at 00:42| Comment(0) |  └DQ11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


"FinalFantasyXIV"
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
"DragonQuestXI"
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)SUGIYAMA KOBO
"Granado Espada"
(C)2003-2011 IMC Games Co., Ltd.Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.All Rights Reserved.
"The Tower of AION"
(C) 2010 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish,distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.

当ブログ内のゲーム画像の著作権は各ゲーム会社に、イラストの著作権はるしこに帰属します。
ブログ内の文章、画像等を許可無く転載することは著作権法により禁じられています。
(c)2008-2017 湖畔でピクニック ALL Rights Reserved.