湖畔でピクニック

2011年03月31日

桑名チャリティ( ゚д゚ )

今日はわが三重県の北端、桑名市で開催されました
【東北地方太平洋沖地震 復興イベント】
さんに行って参りました
紹介ブログさん と 主催さん がこちら。

GEもAIONもまったく関係ない、ほぼ地震と原発関連の記事ですのでよろしこ

正直、私は今回のことから目をそらしていたかったし、現実逃避のまま、まだ帰ってきたくなかったので
行きたくないなーと思っておりました。
しかし母の「じゃー行き道でどっかランチ寄ろか」にホイホイ釣られクマーしました。安い人間ですね\(^o^)/

お昼は駅前の珈琲店に入りました!ホットサンド美味しかった!
今度また行こうとおもいます ひ と り で


私と母が着いたころには開幕⇒最初のじゃんけん(じゃんけん…!?)が終わる時間で、2階席しかあいていないとの事
そろーっと入っていくと会場が総立ちでじゃんけんしてました




そのあと紹介があって、原子力の専門家のおじさまがお話されました
あとにリンク張っておくけど田中優さん

TVとかに出てくる人とは違ってわかりやすかったのですが
わかりやすいだけに、ああこれはとんでもない事なんやなっていうのが大きかった

はじめに言うとくけんど、これは専門の人の話を聴いて素人のるうしいがおもったこと書いてるだけやけんね。
ほんまに確かな情報がほしい人は自分で調べてな。

海外では日本に出かける人は、天気予報と放射線予報を見るそうです。風向きと、雨や雪ですね
今、日本のニュースではやってないとおもいます
るうしいも見たこと無い…そもそもTVあんまし見んけど
風下にいてる人は、20キロとか30キロやなしに、避難したほうがええねんて。
とくに。とくに、子供産める状態の女の子、妊婦さん、子供
"直ちに人体に影響を及ぼすことは無い"言うてるけどそれは大人の話
胎児や小さい子は細胞分裂が盛んやけん、その分影響も大きいねんて
核実験やった年の後は自然死産の数が多いねんて。
うっすいうっすい放射線でも、こういう結果が出てるいうんを、誰も知らんかったですよね。
今もれてるのは規定の何千倍です!とかそんなんばっかりで
大丈夫とは言い切れんけどすぐ死ぬようなレベルではありませんとか
もう20日も経つのにね!

福島では、わけもわからんと行政のバスに乗せられて、着の身着のまま、通帳も、大事なペットも置き去りで知らん市に避難させられて、なんやなんや言うてる間に規制がどんどんきびしなって2週間以上家に戻れんくなった人とかいっぱいいてはるんやって。
避難された人たち、今一番心配なんは放射線でも余震でもなくて、来月のお給料なんやって
家賃も払えへん、子供に食べ物もあげられへん、風評被害で物資は届けへん
これからどうして生きていこう、って絶望してはる人いっぱいいてると思う

今売りに出てる福島産の食べもの買うのは不安かもしれん
でもな。お米は秋にとれるやろアホでも知ってるけどな、
今売ってるお米は秋にとれたやつやん。絶対安全やん。考えたらわかるやん。
ヨウ素は水に溶けるけんな、ホウレンソウはあろたらええねん
あと食べ物以外の物も福島産嫌がってる人いるけどそれ差別やけんな!
注意するに越したことは無いけど度が過ぎるとそれは…

復興への一番最初の第一歩は周囲の理解やとおもうたんです
地震きて、津波きて、原発がアッー!ってなったところまでは自然災害やんか。
でもそのあと放射線が危ない言うて物資が福島に届かんかったり
土壌も牧場もあかんようになって思いつめて自殺された人がおったり
それは、止められたやろと思うんです。
止められたかも知らんことが起こったいうんは、人災やと思うんです。

んと、そんで先生はこうやって事実と現実を突きつけたあとに
ちゃんと希望があることを教えてくださりました。
菜の花やひまわりがすごく放射線物質を吸収すること
やけんみんなで日本中をひまわり畑にしよういうこと
そしたら植物はそれを浄化し、土も浄化させるいうこと。
地熱、風力、波力、太陽光の自然エネルギーでじゅうぶん原子力エネルギーをまかなえること
(それを今まで政府が止めていたこと)
メディアが本当のことを言うとるとは限らんこと
今、ものすごい数の団体や法人が動き出していること


現在、現地で足りてないのは人手やということでした
津波と一緒に家の中に押し寄せたヘドロが、重くてお年寄りの方などは一人二人では掻き出せないそうです
しかしヘドロは放っておくと乾いて固まり、家から除去するのがとても難しくなります
なので今とにかく体力のある人手が欲しいそうです。

わたしは年中暇を持て余す自宅療養の身(そして今の所妊娠の予定も無い)なので炊き出しなんかでも行きたかったのですが
いま行っても足手まといというか逆に被災者に心配されそうな気がするので時期を見て行こうかとおもいます(´▽`)
どうやらある程度復興したあとに菜種やひまわりを植えるツアーをやるらしいのでそれに参加しようとおもいます!

るうしいは、支援についてや現地の現状などはてんつくマンのツイッターで確認しとります
情報が交錯しすぎてもうわけわからんちん!って人で、ツイッターやってない人はぜひやるべきとおもう…
とりあえず一番早いし、政府の規制もないし、マスコミやメディアを通さずに直接流れてくるけん、ほんとのほんとがよう分かる。
デマも多いけど、しっかり自分で調べる癖が付くけん、ニュース聞き流しただけの頭でああだこうだ考えるよりはよっぽどいいと思うますです。
TVに出ない専門家や政治家の話も、聞く価値あるとおもう

るうしいも地震いってからしばらくはこういう事とか元気出してとか参ってる人はげましたりいろいろツイートしててんけど、色々聞いてるうちにだんだんしんどくなってきて、私情も加わって( ´◔‿ゝ◔`)もういいや!ってなって
どうせ私に出来ることなんてない、何かしたいけどなにも出来ん、ってモヤモヤしてまって
ずっと目そむけてました。でもそむけててもつらいのはなくならへんのな

今日、ほんまの生の声を聞いて、今どういうことが起こっててこれからどうするべきか、いうのを教えてもらって
そんで、有名な人らも皆何かしたくてもできやんくて辛かった、皆一緒やいうのを聞いて、すんごく楽になりました。
大事なんは、向き合って、自分で動いて、自分で判断する力を身につけることですね…

なんかうまくまとめられませんけど…
あとツイッター今鍵かけてあったんを外してて誰でも見れるし、こういうこと全体公開のブログに書くのもめっちゃ怖いですけど
どうか被災された方は希望を捨てんとって。分かってくれる人はぜったいおるけん。
ずーっとお風呂はいれんでしんどいんも、避難所に仕切りがなくてイライラするんも、凍えて亡くなる人がおるような状況で生活しとんのも、満足にあったかいご飯が食べられへん悲しみも、自分らの声が誰の耳にも届いてないかもしれん不安と孤独感につぶされそうなんも
わかっとる人は絶対おるけん。
どうにかしたいっておもっとるけん…
もう生きててもしょうがないとか、思わんとってな。
生きてたらそれだけで誰かの勇気になるけん。

あと私みたいに被災地じゃないのに体調崩してみっともないとか情けないとか自分を責めてる人は、みんなそう、皆一緒の思いなんよって
絶望ばっかりやない、先を照らしてくれる道を探せばいいんよ
情報を受け取るばっかりやけんパンクするんよ
自分でかきわけて探しに行けば、見つかるんよ
今日わたしが( ・∀・)イイ!!とおもったのは田中優さん
反原発を、単に反対するんやなしに、なんであかんか、なんで無くならんのんか、じゃあ原発やめてどうしたら電気足りるんか、それにはどうしたらええのか、まで説明しはったことに感動しました
あと喋り方も、ところどころウケ狙ってきはるとこも好印象で
難しい内容の話やねんけど頭に入りました(´▽`)

はあはあ一気に書いて疲れました\(^o^)/
もっともっと色々聞いてきたしいろんな人に伝えたいけど
知りたい人は自分で調べてな!
るうしいは、るうしいに出来ることをやりたいと思います。
あと関西弁ですいませんなんか標準語でどう書いていいかわからんかった罠
間違ってるとこあったらやんわりオブラートに30枚くらい包んでやさしーく遠まわし遠まわしでメールなりツイッターでリプライするなりDM送るなりしてくだしあ

にわかが語ってんじゃねーよwとおもう人もいるかもしれないが
にわかで上等偽善で上等!あの夫妻も言ってましたが
\やらない偽善より/\やる偽善/
黙ってるにわかより喋るにわかです。まだまだ勉強すんよ!!


最後に、わがシーサーブログもようつべ動画が貼れるそうで
ケニアのキベラスラム(貧民街)の子供たちが日本のために歌った歌だそうです



ずっとずっと遠くの国の、明日生きられるかも分からないスラムの子供が、日本の悲しみを思って泣いています。無事を、復興を祈っています。
( ´◔‿ゝ◔`)頑張ろうぜ日本。
posted by るしこ at 21:22| Comment(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


                                      
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
"Granado Espada"(C)2003-2011 IMC Games Co., Ltd.Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.
The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation.Copyright (C) 2010 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish,distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.